ゴーヤとツナのたまご炒め

材料︓ 3~4人分

ゴーヤ…1本(約300g)
塩、砂糖…各小さじ1(苦味とり用)

ツナ缶(油漬けタイプ)…1缶
卵…2個
ごま油(炒め用)…大2
醤油…小2


【下準備】
・ゴーヤは両端を切り落とし、縦半分に切ってスプーンでワタ&種を取り除き、薄切りにする。
・ツナ缶は軽く油を切っておく。
・卵はボウルで溶いておく。

【作り方】
1.
 ゴーヤの苦味を取るために、塩と砂糖を揉みこむ。少し苦味を残したい場合は、塩のみ揉みこむ。
 5分ほど置いて水で軽く洗い、沸騰したお湯で30秒ほど茹でたらざるにあげる。

2.
フライパンにごま油をひき、中火でゴーヤを炒める。
※油を高温に熱してからゴーヤを入れると油がはねるので、私はそこまで熱さないうちにゴーヤを投入しちゃいます。

3.ツナ缶を加え、さらに炒め、醤油を加えて混ぜ合わせる。

4.溶いた卵を3に回し入れる。卵が少し固まり始めるまで混ぜないで待つ。固まってきたら、全体がそぼろ状になるように炒める。

<コメント>
子供がゴーヤの苦味が苦手なので、我が家では塩もみの段階で砂糖も混ぜて苦味を抜きます。
昔ネットで見た方法ですが驚くほど苦味がなくなる気がします。
また全体に絡ませた卵がさらに苦味を優しくしてくれてるので、子供もパクパク食べてくれます。

前の記事

我が家のガパオライス

次の記事

小松菜とえのきのおひたし